『「超」勉強力』の教えを実践してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回実践するのは、テレビコメンテーター、解説者として人気の脳科学者 中野信子氏とニューヨーク州弁護士 山口真由氏の共著『「超」勉強力』<プレジデント社>に記載の教えです。

本書の教え

  • まず全体像をつかもう、そして、ていねいに読もう

本書のポイント

本書は、大きくは【思索編】、【実践編】、【対話】の3部構成となっています。【実践編】には、中野氏と山口氏それぞれの勉強についての考えが記載されています。【実践編】には、両者が行っている具体的な勉強法が記載されています。【対話】には、勉強をテーマに二人の対話が記載されています。

ここでは【思索編】と【実践編】においてオネストが感動した言葉や「なるほど!」と思った事項を紹介します。

【思索編】

中野氏

  • 「己を知る」ことが学びの9割を左右し、自分の成長につながる
  • 読書はイスに座ったまま世界旅行をするようなもの、亡くなった人からも知識を得ることができる
  • 外国語を学ぶ人は同時に日本語を耕す、人を動かすのは言語の運用能力
  • 「苦しいな」と思ったら、生きている証拠

山口氏

  • 「目標」が進むべき道を示す、一生かけて取り組もうと思うテーマを見つける
  • 教科書、参考書もストーリーとして読む
  • 「国語力」はあらゆる勉強の土台となる力

【実践編】

中野氏

  • 「知を得ること」と「知の運用」の両方を行える力を身につける
  • 歴史は歴史上の人物になったつもりで、地理はゴルゴ13の主人公になり世界中を旅しているつもりで、化学では自分が分子になったつもりで、その世界に入り込むイメージ(「自分ごと化」する)で覚えるとエピソード記憶となり忘れにくい
  • 本格的に勉強する前に、薄めのテキストを読み通して全体像をつかむ
  • 全体像をつかんだら、頭の中でエピソード記憶化された知識を有機的に結びつけていく

山口氏

  • すべての勉強の基本は国語力、とりわけインプットのための読解力が最重要
  • 読解力をつけるためには「ていねいに」読むだけ
  • 「網羅性」のある本を選択し、その本を次の要領で7回読む(有名な7回読み勉強法
  1. 章のタイトルや見出しを拾いながら、漢字を拾っていくように流し読む
  2. 3行ずつ斜め読みし、全体像をとらえる
  3. 2回目と同様に流し読みする
  4. 「キーワード」に注目しながら普通のスピードで読む
  5. キーワード間のつながりに注意しながら読み、「要旨」をつかむ
  6. 具体例など細部に目を向けながら読む
  7. 「ここにはこんなことが書かれていたはず」と答え合わせをする感覚で読む
7回読み勉強法実践中

本書にはほかにもいろいろと「今の自分を超える」ために学びを最大化する方法が記載されています。お二人の勉強に対する考えで共通する点としては、国語力が最も重要である、全体像をつかんでから細部に入る、点があると思われます。

また本書には、中野、山口両氏が、周囲に適応できなかったことへどう対応したかについても触れられているので、お子さんがまわりに適応できずに悩んでいる方には参考になったり、勇気づけられたりするのではないかと思います。

やってみたこと

次回紹介する書籍「7日間で手に入れるスタンフォード式ぐっすり睡眠」について7回読み勉強法を実践しました。具体的には、以下のとおりです。

  1. 全体像の把握

1回目はまず章立てや各テーマのタイトルを中心にざっと流し読み、2回目はタイトルなどに加えて段落ごとをひとかたまりとして流し読みしました。3回目も同様にサラサラと流し読みしました。

2. 要旨の把握

4回目は本文中に太字で強調されている箇所をとくに意識しながら普通に読みました。5回目は太字以外の説明文についても注目して読みました。

3. 仕上げ

6回目は図表などに記載のデータにも目を向けて読みました。最後の7回目は、頭の中の記憶と記載内容を照らし合わせるようにして読みました。

やってみてわかったこと

試した書籍はそれほど厚いでなかったのですが、1から3回目は流し読みし、4、5回目は通常速度で読みこみ、6、7回目は答え合わせ感覚で読むということで、7回読むのにはそれなりに時間がかかりました(流し読みに慣れていなかったことも時間がかかった要因の一つではありますが)。

ですが、さすがに7回も読み込んだだけのことはあります。全体を貫くストーリー構成からコラムとして記載されている細かな解説まで面白いように理解できました。全体像を最初に把握できたおかげで、各テーマを読み込むときに全体の中での位置づけや他のテーマとの関係性がわかり、整理された状態で頭の中に入ってくる感覚がありました。また、あるテーマを読んでいる最中に、この次にはこういったことが記載されていたはずだということも記憶の中から自然とでてくるようになりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

『「超」勉強力』をアマゾンで購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
     

 

カテゴリー

アーカイブ

コメントを残す

*