「バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる」の教えを実践してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回実践するのは、元日本マイクロソフト社長で書評サイト「HONZ」代表の成毛眞氏の著作「バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる」<SBクリエイティブ>に記載の教えです。

本書の教え

  • バスらせたいなら真剣に書こう

本書のポイント

本書では、読ませる文章の基本とともに、SNSでのバズらせ方が説明されています。

SNSでバズらせたい場合には自分の感情や思考を真剣に書くことが必要となります。この真剣に書くこととは、(i) ある程度長い文章を書く(ii) 書いた文章を推敲する、の2つが要件です。

推敲こそ、書き手の真剣味が問われる

そして、この2つの要件について、本書は、①見た目、②読み手、③誤解回避、④「一行」、⑤共感、⑥買わせる、という6つの観点で説明しています。これら6つの観点でいろいろなヒントが記載されていますが、たとえば、次のようなヒントです。他のヒントや具体的な中身は本書を確認ください。

①見た目

  • SNSは「スマホで読みやすい」見た目にする
  • 漢字は多用しない
  • ワンパターンにしない

②読み手

  • あえて完璧にしない
  • 素性がわからない情報は記載しない
  • イメージを喚起させる

③誤解回避

  • 多様な意味があるときは一意的な意味になるような表現にする
  • 誰でもわかるようにときには言い換える

④「一行」

  • 最初の一行で読み手を引きこむ
  • 文章はテンポよくリズミカルにする

⑤共感

  • 賛否を呼ぶ話題はこそっと入れる
  • ネガティブな話題をしたらポジティブな話もいれる

⑥買わせる

  • まず書く目的を決める
  • 「言わずもがな」もきちんと説明する

本書では各観点について、具体的な文章例を使って説明されています。その文章例をみれば、著者が説明していることが「なんとなくこんな感じかな」と抽象的なイメージとして浅く理解するだけではなく、実感として「こういうことをいっているのか」と深く理解することができます。

やってみたこと

これまでに投稿した記事を推敲し、読みにくい表現を修正したり、追記したりしました。また、スマホの画面で記事を確認し、スマホ上で見やすいように修正しました。

やってみてわかったこと

記事を作成した後に推敲を行い、表現を修正した上で投稿をしているにもかかわらず、改めて文章を読むと何を伝えたいのかわからない表現があることがわかりました。作成時にはあれもこれも伝えたい思いがあったのか、ある記事では不要な情報を盛り込んでいたかと思うと、違う記事では完全に書き手目線で文章を作ってしまい「言わずもがな」だろうと思っていることについては説明しておらず読み手に正しく伝わらない文章になっていたり、、、こうして振り返ってみるとお恥ずかしい記事を投稿していたことがわかりました。

読み手にとって分かりやすいだろうと思って本のポイントを表にまとめていたのですが、スマホではその表を横にスクロースしなければならない面倒くさいことになっていることがわかりました(このため、表の使用はやめて文章で表現しなおしました)。

この推敲作業によって、これまで投稿した記事が少しでも多くの人に読んでもらえるようになったのではないかと思っています。

本書は、オネストにようにインターネット上で伝えたいことを文章で伝える者にとって、間違いなくすばらしい教科書といえます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる」をアマゾンで購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
     

 

カテゴリー

アーカイブ

コメントを残す

*