ビジネス・経済

「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」の教えを実践してみた

今回実践するのは、西尾太氏の著作「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」<アルファポリス>に記載の教えです。

本書の教え

  • 自分が本当にやりたいことをして「楽しく」仕事をしよう。その中で自分だけが生み出せる価値をつくり、その価値を高めよう。

本書のポイント

本書では、ポジションごとに求められている評価基準と年収基準が公開されています。この基準と自分の状況を比較し、自己評価が高すぎないか(低すぎないか)といったこと、すなわち、自分自身を客観的にみる力をつけることが重要です。

このポジションの概要のポイントを記載します。具体的な年収基準については本書でご確認ください。

補助・育成クラス

社会人の基礎を身につけ、チームの一員として仕事をする。指示に基づき業務を遂行できる。

年収基準=〇〇万円~

自己完遂クラス

任された仕事を完遂する。仕事を自己完遂できる。

年収基準=〇〇万円~

チーフクラス

自己の仕事の自己完遂とチームメンバーの支援、指導を行う。3人程度のチームのリーダーとなる。

年収基準=〇〇万円~

プロジェクトリーダー・主任クラス

プロジェクトを率い、目標達成のため進捗管理し成果を出す。5人程度のチームを取りまとめる。

年収基準=〇〇万円~

課長クラス

5~10名のチームの目標設定・計画立案を行い、計数管理を行いながら成果を上げる。チームを率いて組織の結果を出す。

年収基準=〇〇万円~〇〇万円

部長クラス

3年程度の部門戦略を作成し、経営の承認を得てメンバーに示す。責任を負い、複数チームをまとめて結果を出す。

年収基準=〇〇万円~〇〇万円

役員・本部長クラス

組織のビジョンを描き、そこに至る戦略を策定し、経営の承認を得てメンバーに示す。全社に影響を与える重大な責任を負う。

年収基準=〇〇万円~〇〇万円

社長・上級役員クラス

スケールの大きさが問われる。全社全体のビジョンを示し、そこに至る戦略を描く。全社のあらゆる分野における責任を負う。

年収基準=〇〇万円~

今の自分はどこにいる?

本書において評価基準はもっと詳細に記載されています。この基準に照らして自分自身を客観的に評価し、キャリアビジョンやキャリアプランを検討します。

新型コロナウィルスによって社会が変容して、今後、労働市場がジョブ型になるなど6つの変化が想定されます。一般に「ジョブ型」では「仕事の大きさ」で年収が決まります。「仕事の大きさ」を大きくするためには「自分は何のために働くのか」という目的意識(=「ミッション」)を持つことです。

自分の「本当にやりたいこと」を実現するのが年収アップの最短ルートとなります。それは仕事が楽しくなるからです。

これからの働き方はオペレーターオペレーティングマネージャースペシャリストコア人材の4つが想定されます。各働き方で想定される年収も異なります。

給与とは、会社や世の中に提供した価値の対価です。そして、価値とは誰かに喜ばれることです。価値とは「変革・創造」ができることです。この価値を増やせれば給与も増加します。

自分は「何ができる人」なのか、すなわち「何屋さん」なのかを明確にします。「〇〇のことならあの人だ」という「〇〇屋さん」として周囲から認められれば、その人の価値が上がります。

本書には、年収アップの方法だけにとどまらず、仕事をとおして人生をいかに楽しむかについて記載されています。自分のやりたいことをやる、これが豊かな人生への切符なんですね。

やってみたこと

「〇〇のことならオネストだね」と言われるように、自分だけが生み出せる価値の部分(=〇〇)をアピールしたいと考えています。

やってみてわかったこと

年収基準やポジションの評価基準に照らして自分を見つめなおし、今後のキャリアプランに照らして必要となるスキルを抽出しました。オネストは自己評価が低い傾向があるようなので、今後はもう少し自信をもってアピールしていこうと思います。そして、「〇〇のことならオネストだね」と言われるよう、まずはその〇〇の内容やそのアピールの仕方を考えて地道に実践したいと思います。良い結果が現れたら、その実践例とともに紹介したいと思います。乞うご期待。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」をアマゾンで購入

「まんがで身につく ずるい考え方」の教えを実践してみた

今回実践するのは、木村尚義氏の著作「まんがで身につく ずるい考え方」<あさ出版>に記載の教えです。

本書の教え

  • ”ずるい考え方”の事例をむりやりでも自分の状況にあてはめ、どんどん試そう

本書のポイント

「その手があったか!」というずるい考え方とその使い方を教えてくれる本です。ずるい考え方とは「ラテラルシンキング」とも呼ばれ、最小の力で最高の結果を生み出すために使われます。

本書では次の4つの章に分けてずるい考え方とその事例(事例の内容は本書でご確認ください)が紹介されています。

1.ラテラルシンキングでワクワク感をつくりだせ!

  • 人がものを選ぶ基準:品質やコスパから「ワクワク」に変わってきている
  • 世の中にあるものは非常識から生まれた「新しい常識」から作られている
  • ラテラルシンキングには方法はない、コツはマネをすること。たくさんの事例から「似ているパターン」を考える
●事例
  1. トム・ソーヤーの例
  2. エイビスレンタカーの例
  3. 小林一三(阪急阪神グループの創業者)の例
  4. クリスピークリームドーナツの例
  5. 有名な家具店の例

2.相手が何を考えているか、シンプルに理解すれば、思いどおりに相手を動かせる

  • 相手の気持ちをわかるには相手になりきってしまう
●事例
  1. ケータイ少女漫画の例
  2. アーチェリーの的の例
  3. ホンミャラ人の例
  4. 魔のカーブの例
  5. 着ぐるみシンキングの例
ラテラルの後、ロジカルで

3.高すぎるハードルほど、くぐりやすい

  • 高いハードルが出現したら別の道を探すという選択もある
  • 何らかの状況はそのまま一生同じではなく、変化する
  • 我慢せずに新天地に向かってもよい
●事例
  1. 虎の威を借りる例
  2. アリの行列の例
  3. スティーブ・ジョブズのカリグラファーの例

4.視点を変えられたら一人勝ち

  • 「火中の栗を」拾うことができたら、独り占めできる
  • 「できない」ではなく、「どうしたらできるか」という方法を見つける
●事例
  1. 松下幸之助の例
  2. ジョージ・ルーカスの例
  3. 哲学者ダレスの例

ラテラルシンキングのコツは、事例を無理やりにでも自分の状況にあてはめて、まずは試してみることです。

やってみたこと

本書で紹介されているホンミャラ人の例(=物事の本質を明らかにし、シンプルに説明する)ことを本ブログに当てはめてみました。

やってみてわかったこと

オネストは、これまでの経験をとおして、物事に対する理解が進むと「要は〇〇ということだ。」と一言二言で簡潔に説明できるようになるという感触を持っています。本書に「物事の本質を知ったといえるのは、シンプルに説明できたとき」とありますが、これはまさにオネストが持っている感触と同じことを言っているのだと思います。

ブログの記事を作成するにあたり、この「本質を知り、シンプルに説明する」という点を最も表しているのは「本書の教え」として「何を」「どう」表現するかです。ここの記載は、理想的には著者が書籍の中で最も言いたいことを簡潔に表現することになるかと思います。しかしながら、オネストの書籍内容の理解の甘さやオネスト自身の考え方のバイアスなどによって、まず「何を」の部分が著者の考えとは異なる可能性があります。また、オネストのボキャブラリーの少なさや表現の拙さによって「どう」の部分もうまく伝えきれていない可能性があります。したがって、「本書の教え」の表現はもっとも神経を使い、それを公開するのに毎回恐怖を覚えるのですが、やはり自分なりの考えを表明したいということで思い切って公開しています。

ということで、オネストが書いている「本書の教え」は違っていて、本当はこういうことを言っているんだということがあれば是非ともコメントを頂ければと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「まんがで身につく ずるい考え方」をアマゾンで購入

本書の原書「ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門」をアマゾンで購入

『「丁寧」なのに仕事が速い人のヒミツ』の教えを実践してみた

今回実践するのは、池田輝男氏の著作『「丁寧」なのに仕事が速い人のヒミツ』<海竜社>に記載の教えです。

本書の教え

  • 丁寧で迅速な仕事を行うために、社員の徹底教育と仕事の仕組化を行おう

本書のポイント

本書は、ピアノ運送では日本一の実績を誇る池田ピアノ運送株式会社の代表取締役である著者が自社で行ってきた丁寧仕事術の一端を紹介したものとなっています。

本書では、丁寧を「相手を思いやる心からくる行動」と、丁寧な仕事を「相手を思いやる心がベースにある仕事」と、定義しています。

そして、丁寧仕事人を育てるための教育内容仕事の仕組化による仕事環境の整備が説明されています。以下これらのポイントを記載します。

教育

「笑顔、安全、迅速、丁寧、確実」で仕事をできる究極の丁寧仕事人を育てます。

「究極の丁寧仕事人」

このために「素直な人」を採用し、まずはビジネスマナーを教えます。このビジネスマナーには、①挨拶、②身だしなみ、③言葉遣い、④全体的な所作、⑤基本マインド、が含まれます。

社員を指導する際には、バックトラッキング(オウム返し)、ペーシング(ペースを合わせる)、ミラーリング(真似をする)といった手法を用います。

仕事の仕組化

丁寧仕事は「準備」が8割です。準備の基本は、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」の5Sです。

著者の会社の場合、以下の準備をします。①道具の準備、②運送ルートの確認、③搬入ルートの確保

整理・整頓を行い、それぞれの置き場所を明確に決めれば、無駄を省き仕事を効率化できます。まずは掲示物を横一列で配置するなど「線」をそろえることから始めます。

情報を整理する場合には、タイトルを「①目的+②具体的な内容」とします。たとえば、「①情報共有 ②クライアントAの担当者変更について」などです。

ルールを徹底する場合にはマニュアルで仕組みを作ります。この際、マニュアルは動画で作成して共有します。

社員のモチベーションアップのためにお客様から褒められる仕組み(アンケート)を作ります。

このように本書では究極の丁寧仕事人を目指して行う教育の内容と丁寧・迅速に仕事を行うための仕組化について具体的に説明されています。社員教育や仕事の仕組化に興味がある方におすすめです。

やってみたこと

本書で紹介されている情報整理の際のタイトル付け(「①目的+②具体的な内容」)を応用して、会議での議題設定を行うようにしました。

具体的には、議題設定時に、議題や発表者とともにその議題の目的(情報共有、報告、相談など)と概要も記載し、会議の参加者に事前配布するようにしました。

やってみてわかったこと

各議題の目的がわかるので、その目的に沿った形で討議を行うことができました。これにより結論まで到達する時間を3割程度短縮することができました。

また、概要を記載して事前配布おけば、会議参加者に会議のための準備を促すことにもつながるので、会議では準備された情報に基づく深い議論を行うことができました。その結果、複数回の会議を避けられるなどトータルとして業務時間のさらなる短縮化につながるものと思われます。

議題の設定ひとつで業務を効率化できることがわかりました。このような議題設定も参加者のことを思いやる心から生まれた丁寧仕事の一つと考えています。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「丁寧」なのに仕事が速い人のヒミツ」をアマゾンで購入

「センスは脳で磨かれる 仕事ができる人は脳の感度の上げ方を知っている!」の教えを実践してみた

今回実践するのは、脳内科医で医学博士の加藤俊徳氏の著作「センスは脳で磨かれる 仕事ができる人は脳の感度の上げ方を知っている!」<クロスメディア・パブリッシング>に記載の教えです。

本書の教え

  • センスは後天的に身につくもの、脳トレで磨きあげよう

本書のポイント

本書はセンスとは何かを説明した上で、センスアップに役立つ脳トレを紹介しています。

センスといっても仕事のセンスやファッションセンスなどいろいろな場面でつかわれており、場面に応じて意味も変化しますが、総じてセンスがよいということは良い意味で使われますよね。

著者はそうしたセンスの特徴として次の五つを挙げています。

  1. 常識や既成概念を壊すところから生まれる
  2. 個性的であり、多様性に富んでいる
  3. アウトプット=表現を前提としている
  4. 感覚と思考の一つの「型」である
  5. ごまかしや嘘が入り込まない

これだけだと意味するところをつかむのは難しいですね。本書は、これらの内容を噛み砕いて解説しているので、興味のある方はぜひ本書にあたってください。

そして、センスを身に着けた人には「先読み」する力がある、臨機応変に対応できるなどの特徴があります。

センスを磨くための脳習慣として、まずセンスアップの基礎としてセンスの良い人とつきあうことや失敗体験を積むということの重要性が紹介された上で、「見る」「聞く」「感じる」「動く」という四つのセンスを上げるための実践的な脳トレが紹介されています。

脳トレは四つのセンスそれぞれで4、5個ずつ計19個紹介されています。たとえば、「動く」センスの脳トレとしては、柔軟体操をして体を柔らかくするなどです。

さらに本書はトレーニングとまではいかないけれど、センスアップのための脳刺激として日常生活で簡単にできる行動を15個紹介しています。この中でオネストが興味を持った脳刺激は次の二つです。

  • 空を見上げて雲の形を面白がる
  • 利き手と反対で歯磨きをする
美的感性、磨いています

このように、センスとは「環境」と「自分の意識」によって身につきます。

仕事の総合的、全体的な能力である「センス」を身に着けたい人にはおすすめの一冊です。

センスがいいね、って最高のほめ言葉ですよね。

やってみたこと

  1. オネストは趣味でランニングを行っているので、「動く」センスを上げるためのトレーニング「柔軟体操」を行っています。
  2. 脳刺激として「空を見上げて雲を観察」してみました。
  3. さらにもう一つ、脳刺激として「利き手ではない手で歯磨き」を行ってみました。

やってみてわかったこと

  1. 柔軟体操として足腰や肩回りを中心にストレッチを常々行ってきたので、身体の動きがスムーズに行えるようになったと感じています。とくに床にあるものを拾うとき、以前だと膝を曲げずに行っていたため、重いものを持ち上げると腰を痛めることがありました。しかし柔軟体操を行ってからは床から持ち上げる際に自然と膝を曲げる動作を行うようになったので腰を痛めることもなくなりました。これも一つのセンスといえるのではないでしょうか。
  2. 雲を観察するのに、久しぶりに空を見上げたような気がします。直接的に何らかのセンスアップに効果があったかはわかりませんが、特に晴れた日にじっくりと雲を見ることは心が晴々するとともに感性が研ぎ澄まされたような感覚がありました。
  3. オネストは右利きなので左手を使って歯磨きをしました。やはり利き手に比べて不器用で、かつ、慣れていないので、磨きたいところをうまくねらえずに何度も磨きなおさなければなりませんでした。本書によるとこれにより普段使っている脳の部分と反対側の部分が活性化するとのことです。ただし、今のところ、センスアップにつながっているかについては実感できていません。

オネストは「センスがいい」人になりたいので、今後も本書に記載されているセンスアップのための脳トレを実施・継続していこうと思います。何か効果を実感できた際には、紹介します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「センスは脳で磨かれる 仕事ができる人は脳の感度の上げ方を知っている!」をアマゾンで購入

「ビジネスの未来-エコノミーにヒューマニティを取り戻す」の教えを実践してみた

今回実践するのは、独立研究者の山口周氏の著作「ビジネスの未来-エコノミーにヒューマニティを取り戻す」<プレジデント社>に記載の教えです。

本書の教え

  • この世界を、「便利で安全で快適な(だけの)社会」から「真に豊かで生きるに値する社会」に変えていこう

本書のポイント

本書は、21世紀を生きる我々に課せられた仕事について記載されたものです。

本書はまず現状把握として、「祝祭の高原」という表現で現在の状況を表しています。これは、すでに物質的に満たされており、経済的成長が見込めず、停滞し、あるいは衰退しようとしている状況のことです。

すなわち、「資本は無限に増殖する」という「資本主義」は維持できなくなっていることを意味します。

ただし、人々は生活に必要な物質が広く行き届いているにもかかわらず、これまでの経済成長の幻想を引き摺っているのでなんとか経済成長を成し遂げようとする不毛な挑戦をし、他人との比較の上に日常を送るというギスギスした生活を余儀なくされています。

これに対して著者は、本書の副題にあるように経済性に根ざして動く社会未来のためにいまを犠牲にするインストルメンタルな社会)から人間性に根ざして動く社会永遠に循環するいまを豊かに瑞々しくいきるコンサマトリーな社会)への転換が必要と説いています。

別の言い方をすれば「便利で安全で快適なだけの社会」から「真に豊かで生きるに値する社会」への転換です。

喜・怒・哀・楽に基づく衝動を思考・行動様式に取り入れる

この人間性に根ざして動く社会の実現のために、人々は喜怒哀楽という「人間的衝動」に根ざした欲求の充足を図り、経済と人間性を両立させることが必要となります。

社会の大きな趨勢を知る、考えるには参考になる一冊だと思います。オネストも日本社会が経済成長を成し遂げたということを認識できました。そして、現在の世知辛い社会状況からみて、今後の社会の姿としてヒューマニティを取り入れるという点に共感を覚えました。

やってみたこと

コンサマトリーな社会を成立するために本書に紹介されている「真にやりたいこコトを見つけ、取り組む」こととして、オネストは本ブログをはじめることにしました。

やってみてわかったこと

本ブログをとおして、本の教えを知り、それに取り組んでいくことで新たな発見や自分自身の成長を実感しています。また、本の教えの実践をとおして皆さんに少しでもその本の有用性や面白さを伝えることができているのではないかという期待をいだくことができています。

なお、以前紹介した『「お金は寝かせて増やしなさい」』では、人々の豊かになりたいという欲求には限りがなく、このため資本主義経済は拡大再生産し続けるとの考えがありました。一方、上述のように本書では「資本は無限に増殖する」という資本主義は維持できなくなっているとあります。

あなたはどちらの考えを支持するでしょうか。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「ビジネスの未来-エコノミーにヒューマニティを取り戻す」をアマゾンで購入