投資・お金

「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」の教えを実践してみた

今回実践するのは、西尾太氏の著作「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」<アルファポリス>に記載の教えです。

本書の教え

  • 自分が本当にやりたいことをして「楽しく」仕事をしよう。その中で自分だけが生み出せる価値をつくり、その価値を高めよう。

本書のポイント

本書では、ポジションごとに求められている評価基準と年収基準が公開されています。この基準と自分の状況を比較し、自己評価が高すぎないか(低すぎないか)といったこと、すなわち、自分自身を客観的にみる力をつけることが重要です。

このポジションの概要のポイントを記載します。具体的な年収基準については本書でご確認ください。

補助・育成クラス

社会人の基礎を身につけ、チームの一員として仕事をする。指示に基づき業務を遂行できる。

年収基準=〇〇万円~

自己完遂クラス

任された仕事を完遂する。仕事を自己完遂できる。

年収基準=〇〇万円~

チーフクラス

自己の仕事の自己完遂とチームメンバーの支援、指導を行う。3人程度のチームのリーダーとなる。

年収基準=〇〇万円~

プロジェクトリーダー・主任クラス

プロジェクトを率い、目標達成のため進捗管理し成果を出す。5人程度のチームを取りまとめる。

年収基準=〇〇万円~

課長クラス

5~10名のチームの目標設定・計画立案を行い、計数管理を行いながら成果を上げる。チームを率いて組織の結果を出す。

年収基準=〇〇万円~〇〇万円

部長クラス

3年程度の部門戦略を作成し、経営の承認を得てメンバーに示す。責任を負い、複数チームをまとめて結果を出す。

年収基準=〇〇万円~〇〇万円

役員・本部長クラス

組織のビジョンを描き、そこに至る戦略を策定し、経営の承認を得てメンバーに示す。全社に影響を与える重大な責任を負う。

年収基準=〇〇万円~〇〇万円

社長・上級役員クラス

スケールの大きさが問われる。全社全体のビジョンを示し、そこに至る戦略を描く。全社のあらゆる分野における責任を負う。

年収基準=〇〇万円~

今の自分はどこにいる?

本書において評価基準はもっと詳細に記載されています。この基準に照らして自分自身を客観的に評価し、キャリアビジョンやキャリアプランを検討します。

新型コロナウィルスによって社会が変容して、今後、労働市場がジョブ型になるなど6つの変化が想定されます。一般に「ジョブ型」では「仕事の大きさ」で年収が決まります。「仕事の大きさ」を大きくするためには「自分は何のために働くのか」という目的意識(=「ミッション」)を持つことです。

自分の「本当にやりたいこと」を実現するのが年収アップの最短ルートとなります。それは仕事が楽しくなるからです。

これからの働き方はオペレーターオペレーティングマネージャースペシャリストコア人材の4つが想定されます。各働き方で想定される年収も異なります。

給与とは、会社や世の中に提供した価値の対価です。そして、価値とは誰かに喜ばれることです。価値とは「変革・創造」ができることです。この価値を増やせれば給与も増加します。

自分は「何ができる人」なのか、すなわち「何屋さん」なのかを明確にします。「〇〇のことならあの人だ」という「〇〇屋さん」として周囲から認められれば、その人の価値が上がります。

本書には、年収アップの方法だけにとどまらず、仕事をとおして人生をいかに楽しむかについて記載されています。自分のやりたいことをやる、これが豊かな人生への切符なんですね。

やってみたこと

「〇〇のことならオネストだね」と言われるように、自分だけが生み出せる価値の部分(=〇〇)をアピールしたいと考えています。

やってみてわかったこと

年収基準やポジションの評価基準に照らして自分を見つめなおし、今後のキャリアプランに照らして必要となるスキルを抽出しました。オネストは自己評価が低い傾向があるようなので、今後はもう少し自信をもってアピールしていこうと思います。そして、「〇〇のことならオネストだね」と言われるよう、まずはその〇〇の内容やそのアピールの仕方を考えて地道に実践したいと思います。良い結果が現れたら、その実践例とともに紹介したいと思います。乞うご期待。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」をアマゾンで購入

「世界のニュースを日本人は何も知らない2 – 未曽有の危機の大狂乱 -」の教えを実践してみた

今回実践するのは、谷本真由美(@May_Roma)氏の著作「世界のニュースを日本人は何も知らない2 – 未曽有の危機の大狂乱 -」<ワニブックス>に記載の教えです。

本書の教え

  • 自ら必要な情報を入手し、その情報を解釈し、それを自らの人生にいかそう

本書のポイント

本書は副題に「未曽有の危機の大狂乱」とあるように、コロナ禍における他国の驚きの状況を中心にして、海外情報にアクセスするのが難しい人々が知らない情報を提供しています。

コロナ禍における各国の対応はさまざま

コロナ対応については、マスク不要論など欧米の対策の悪い点がその文化的・政治的な背景事情とともに説明されています。

そして、それに付随して、日本人が誤って認識している事柄についても触れられています。

たとえば、コロナ禍における学校のオンライン授業に関して、操作された情報によってアメリカやイギリス、中国のほうが国全体として日本よりも進んだ取り組みを行っているような印象が与えられていたなどです。

しかし実際にはそれらの国で十分なオンライン授業が行われているのは一部のトップ校だけです。そして、イギリスでは中堅校以下はオンライン授業によるサポートがないばかりでなく、生徒はただ単に放置されているとのことです。(なお、底辺校となるとオンライン授業の問題などカヤの外。校内外で麻薬の販売が行われているなど日本と比較にならないくらいに荒れているそうです。)

コロナ以外では、欧米における格差(貧富の差)や英国王室の闇(特にヘンリー王子とメーガンの王室離脱)、欧米諸国の残念な国民性など、欧米事情を皮肉ったトピックが数多く紹介されています。

これらトピックの中でオネストが興味を持ったのは、欧米の若者に広がるFIREムーブメントの話です。FIREとはFinancial Independence(経済的独立), Retire Early(早期引退)の頭文字をとった言葉です。

これは倹約をしながら貯蓄率を高め、早期にリタイヤし、リタイヤ後は投資を活用して悠々自適に暮らすという動きで、格差拡大や雇用不安を背景に欧米にはこのような生活の実現を目指している若者が多いとのことです。このFIREの実践者は、収入から生活費や遊興費を引いて余った分を貯蓄するのではなく、給与が出たら先に決めておいた額を貯蓄に回し、残った分で生活をしています。

これは、これまで紹介した「お金の大学」の増やす力や「お金は寝かせて増やしなさい」の毎月一定額を投資に回すという考え方に似ています。同じようなムーブメントは世界中いろいろなところで起こっているんですね。

本書のタイトルには「世界のニュース」とありますが、世間に報道されているニュースだけではなく、著者が実際に体験して入手した一次情報が多く記載されており、記載内容に説得力があります。

やってみたこと

本書で世界の重要なニュースを知る方法して紹介されているものに「Khan Academy」があります。これは、米国の教育系の非営利団体が無料で公開しているオンライン学習サイトです。こちらで歴史や時事問題を扱っており、それらの背景情報を持つことが世界のニュースを知るのに役立つとのことなので、視聴してみました。

Khan Academy 英語サイト:https://www.khanacademy.org/

Khan Academy 日本語サイト:https://ja.khanacademy.org/

やってみてわかったこと

Khan Academy」の英語サイトでは数学、科学、人文学、コンピュータ、経済学など多くのコースを受講できるようになっています(残念ながらいまのところ、日本語サイトでは受講できるコースは多くありません)。

このうち、オネストは興味があったUS History(米国史)コースのビデオを視聴しました。英語での説明ですが、説明にあわせて手書きの文字やグラフィックが表示されるのでとても理解しやすかったです。このため、興味のある分野の学習とともに英語能力の向上もはかりたい人にとっては有用な手段になります。

そして、本書の教えでもある、(英語で)必要な情報を取得、解釈するために、その背景となる歴史的な知識を身に着けたり、語学力を向上させたりするにはうってつけのサイトであることがわかりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「世界のニュースを日本人は何も知らない2 – 未曽有の危機の大狂乱 -」をアマゾンで購入

「お金は寝かせて増やしなさい」の教えを実践してみた

今回、実践するのは、水瀬ケンイチ氏の著作「お金は寝かせて増やしなさい」<フォレスト出版>の教えです。

本書の教え

  • ネット証券で、自分で決めたインデックス型の投資信託を毎月1回積み立てて、あとはただじっと待っていよう

本書のポイント

本書は、インデックス投資の超有名ブログ「梅屋敷商店街のランダム・ウォーカー」を運営するブロガー、水瀬ケンイチ氏が投資本の名著「ウォール街のランダムウォーカー」の教えをアレンジして実践した結果、生まれた本だといえます。

インデックスファンド、信念もって、買ったら売るな バイ・アンド・ホールド

本書には、ネット証券で、自らが決めたインデックス投資信託を毎月1回積み立てて、あとはただじっと待っていること、すなわち買っても売らないというバイ・アンド・ホールドの長期のインデックス投資の手法について記載されています。具体的にはバイアンドホールドのインデックス投資の手法を行う理由や著者による実践例が詳細に記載されています。

これは以前紹介した「お金の大学」の「③増やす力」の章に記載されていたドルコスト平均法によるインデックス投資をさらに詳細に説明したものに該当すると考えてよいと思います。

自分のリスク許容度を知る方法やそのリスク許容度に応じたインデックスファンドの選び方、ネット証券の選び方など投資未経験の方に対しても容易に投資信託を行えるように工夫されています。

また、「新たに生まれた好条件のインデックスファンドに乗り換える場合にそれまでのファンドで積み立てていた分をどうすればよいか」や「投資を継続した先の出口として積み立てたファンドをどのような方法で売るのがよいか」といったバイ・アンド・ホールドでの投資を継続しているとほぼ必然的に生まれてくる疑問についても説明されています。まさに痒い所に手が届く本です。このため、投資をこれから始めたい方だけでなく、すでに投資を経験されている方にもおすすめできる本です。

なお、著者は、人々の豊かになりたいという欲求によって、資本主義経済は拡大再生産し続け、これは止まりようがないとし、これが過去の株価が右肩上がりになっている根拠と説いています。

理論的な解説にとどまらず、15年以上継続してインデックス投資を実践されてきた著者の経験に裏打ちされたアドバイスが詰め込まれた一冊であり、投資には興味はあるけれど面倒くさいことは行いたくない方だけでなく投資経験者にとっても一読の価値はあります。

やってみたこと

本書でもレコメンドされているSBI証券及び楽天証券にて、バイ・アンド・ホールドによるインデックスファンドの積立を継続してきました。

もともとSBI証券にてつみたてNISA(つみたてNISA対象の金融商品を積立投資をした場合、その商品売却時に得られた利益に対して課される税金を免除する非課税制度のことで、非課税となる期間は20年と長期に設定されています)を利用して先進国株式を中心とするインデックスファンドを積み立てていました。

その後、楽天証券にてクレジットカード(楽天カード)決済によるインデックスファンドの積立ができるようになったので、楽天証券の口座を開設しました。そして、SBI証券でのつみたてNISAによる積立に加えて、クレジットカード決済によるインデックスファンドの積立も開始しました。

楽天カード決済による投資信託の購入に関しては、『「お金の大学」の教えを実践しました』でも記載したとおり、①証券口座に入金不要なだけでなく、投資信託購入により楽天スーパーポイントもたまる、②楽天証券は楽天スーパーポイントを使って投資することも可能、③楽天のSuper Point Up Program(SPU)にも連動しており、所定の条件を満たすとでポイントの倍率があがる、といった利益をえることができます。

なお、2021年6月30日から三井住友カードを使ってSBI証券にてつみたてNISAを含む積立買付が可能な投資信託を購入することができるようになるので、SBI証券のつみたてNISAの購入においてもこの三井住友カード決済に切り替える予定です。

やってみてわかったこと

SBI証券と楽天証券では、口座を開設して積立設定を行えば、あとはほったらかし。この本にあるように購入した投資信託は寝かせてあります。その結果、今のところ、大きな利益が出ていることがわかりました。

SBI証券でのつみたてNISAによる積立は2018年夏頃から開始し、現在(2021年2月)のところ含み益がプラス28%となっています。本書でもおすすめされている「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」、「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」、「<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド」で積み立てを継続中です。

楽天証券での積立は2020年春から開始し、現在のところ含み益プラス22%となっています。こちらでもSBI証券と同様に「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」を中心に積み立てを実施していましたが、『「お金の大学」の教えを実践しました』で記載したとおり、新たに「eMAXIS Slim 全世界株式」も積立対象としました。

米中摩擦やコロナショックなど一時的に株価が下落しましたが、このところの株価上昇により大きな利益がでています。上昇局面でのドルコスト平均法のパワーを実感しています。

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

また、言うまでもなく投資は自らの責任においてなすべきものです。投資の判断は自己責任でお願いします。当ページの情報により判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。

「お金は寝かせて増やしなさい」をアマゾンで購入

「ウォール街のランダムウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理」をアマゾンで購入

「お金の大学」をアマゾンで購入

「お金の大学」の教えを実践してみた

今回実践するのは、Youtubeお金の教養チャンネル「リベ大」で人気の両@リベ大学長氏の著作「お金の大学」<朝日新聞出版>の教えです。

本書の教え

  • だれもが経済的自由になるための再現性ある方法は、お金を①貯める力、②稼ぐ力、③増やす力、④守る力、⑤使う力をバランスよく身に着けることである

本書のポイント

本書は学生時代にお世話になった市販のテキストのような感じの構成で、各テーマに関して簡潔に話がまとめられており、また、理解を助けるためカラーイラストが採用されているので、内容がすんなり頭に入ってきます。

①貯める力、②稼ぐ力、③増やす力、④守る力の5つの力をどうやって身に着けるかについて、具体的な説明が行われています。

ページのボリュームとしては①貯める力に50%、②稼ぐ力に約20%、③増やす力に25%、④守る力と⑤使う力を合わせて5%程度となっています。

この割合からもわかるように、①貯める力、すなわち、いかに支出(固定費)を減らすかについて厚く記載されています。

お金の大学で教わる5つの力

①貯める力をつけるための削減対象は、通信費、光熱費、保険等の固定費であり、それぞれに対して具体的な削減方法が記載されています。特に保険については、保険で備えるべきリスクの条件が説明されており、保険に対する接し方の参考になりました。

②稼ぐ力は、転職と副業について説明されています。(このうち、オネストにとって転職を実践するのはハードルが高いと感じました。しかしながら、転職は豊かな人生を手に入れるための選択肢の一つであると思われるので、社外でも通用するような実力を身に着け、チャンスがあればぜひ挑戦したいと考えています。)

③増やす力は、投資により身に着けるとのことです。不動産の購入を伴う不動産投資は、自己資金をある程度準備する等実践のためのいくつかのステップが説明されています。(自己資金の準備、かなりハードルが高そうで、正直、現在のオネストでは実践できそうにありません。①貯める力と②稼ぐ力がついて、不動産投資に回せる自己資金ができたら、挑戦しようと思います。)

④守る力と⑤使う力は、収入や資産が増えるとともに少しずつ意識すればよいとのことです。とういうことで、オネストは、当面①から③の力を身に着けることに注力しようと思います。

このように本書は、人生を豊かにするために身に着けるべきお金に関する力を①貯める力から⑤使う力までの5つに分類し、それぞれについて具体的に何をすればその力が身につくのかが記載されています。

盛りだくさんの内容となっていますが、本書の冒頭のステップ0を読めば経済的自由へと至る過程をイメージできます。まずはこのイメージをつかむことが重要だと思われます。投資や節約といった特定の過程ではなく、お金に関する全体像を把握したい場合には「お金の大学」はおすすめの一冊です。

やってみたこと

  • ①貯める力で説明されている、自動車保険の保険会社の見直しを実施しました。
  • ②稼ぐ力において副業の準備(稼ぐ練習)として解説されているヤフオク!やメルカリで家の不要物を売る見込みです。
  • ③増やす力において、本書に有料インデックスファンドとして紹介されている「eMAXIS Slim 全世界株式」を、ドルコスト平均法にて購入できる積立を始めました。
「eMAXIS Slim 全世界株式」楽天証券での積立設定状況

この積立は楽天証券で行っています。楽天証券ではクレジットカード(楽天カード)決済による投資信託の購入が可能なので、証券口座に入金不要なだけでなく、投資信託購入により楽天スーパーポイントもたまります。また、楽天証券は楽天スーパーポイントを使って投資することも可能です。さらに、楽天のSuper Point Up Program(SPU)にも連動しており、所定の条件を満たすとでポイントの倍率があがります。

なお、「eMAXIS Slim 全世界株式」は、個人投資家に人気があり、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the year 2020」で、2年連続第1位を獲得ています。

やってみてわかったこと

  • ①貯める力:これまでの保険会社は代理店販売でしたが、今回はインターネット販売の保険会社に変更しました。代理店販売はいわゆる団体割引が適用されており、すでに安価だと思っていましたが、インターネット申込型に変更したところ、これまでの自動車保険を継続した場合に比べて、年間約2万5千円の削減を行うことができました。
  • ②稼ぐ力:家の不要物を集め中です。集めたらまとめてフリマアプリで売りに出したいと考えています。実際に不要物が売れた場合に改めてご紹介します。
  • ③増やす力:まだ積立設定をしたばかりで、初回の積立指定は来月になることからまだ成果はありません。投資なので、必ずしもプラスになるとは限りませんが、全世界で株価が上昇するのを信じて可能な限り購入を継続したいと考えています。また、途中途中で経過をご紹介します。

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

また、言うまでもなく投資や保険は自らの責任においてなすべきものです。投資や保険の判断は自己責任でお願いします。当ページの情報により判断を誤ったとしても、管理人は責任を負えません。

「お金の大学」をアマゾンで購入