自己啓発

『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』の教えを実践してみた

今回実践するのは、エリック・バーカー氏著、橘玲氏監訳、竹中てる実氏訳の『残酷すぎる成功法則 9割まちがえる「その常識」を科学する』<飛鳥新社>に記載の教えです。

本書の教え

  • 成功のために「自分はどんな人間か」と「どんな人間を目指したいか」を互いに増強する形でバランスを調整しよう

本書のポイント

本書にはエビデンスに基づく成功法則が記載されています。このため、この法則を実践すれば統計的に有意に成功する確率が高くなるものと思われます。さらに新型コロナウイルス感染拡大のような想定外の事態を乗り切るための生活習慣や心構えについても記載されています。

本書の中でオネストが特に興味を持った事項は次のとおりです(本書は約450ページもあるのでここで紹介する事項は本書のほんの一部です)。

  • 仕事人生で成功するために一番大切なことは「自分を知る」ことである。特に自分の強みを知ることが肝要である。
  • 自分の強みを知ったら「自分に合った環境を選ぶ」こと
  • 自分に合った環境を選ぶためには、新たな試みを積極的に行い、収穫がないものには素早く見切りをつける

仕事や生活を面白くするには、仕事や生活にゲームの要素を取り入れます。面白いゲームには、勝てる、斬新な課題などの4つの条件があります。

あらゆる目標に適用できる法則として「WOOP」があります。これは、願い(Wish)、成果(Outcome)、障害(Obstacle)、計画(Plan)の頭文字をとったものです。願望が現実とかけ離れている場合には、WOOPの法則は機能しないので、その願望に見切りをつけることができます。

成功において自信よりも大切な概念はセルフ・コンパッション=自分への思いやり」です。自分自身への思いやりを持てば、失敗したときに成功を妄想する必要もなければ、改善見込みなしとして落ち込む必要もありません。

人生の成功(幸福)の測定基準として次の4つの要素が必須です。(この測定基準はハーバードビジネスレビューのこちらの記事にも記載されていますね)

  1. 幸福感:人生から喜びと満足感を得ていること
  2. 達成感:何らかの業績でほかに抜きんでていること
  3. 存在意義:身近な人々に、ポジティブな影響を及ぼしていること
  4. 育成:自分の価値観や業績によって、誰かの未来の成功を助けていること
幸福を測る指標

幸福感は楽しむことで、達成感は目標を達成することで、存在意義は他者の役に立つことで、育成は伝えることで、それぞれ大きくなります。これらの4つの要素は状況により変化しますが、いずれに要素にも寄与している状態が望ましいです。

また、コロナ禍においてコロナウイルスを制するために伝播させるべきは、人とのつながり、助け合い、感謝の気持ち、楽観主義の4つです。

やってみたこと

  • これまでオネストは仕事にゲームの要素を取り入れることを意識的に行ってきました。たとえば、アルバイトである製品の製造現場で働いていたときには、1時間で製品の製造・検査を終了させる個数の目標を設定し、それをクリアできるかどうか考えながら働いていました。
  • 幸福の測定基準である4つの要素(幸福感、達成感、存在意義、育成)についてオネストの現時点での状況を確認しました。

やってみてわかったこと

  • 仕事をゲーム化することによって、目標をクリアした際に達成感で単純にうれしい気持ちになることができました。また、単調な作業でも、もっと効率化して時間当たりの製造数を上げられないかなどの工夫、改善を自主的に行うことで工場の生産性を向上させることにも貢献できました。最近はこの気持ちを失いかけていたので、現在の仕事についてもゲームの要素を取り入れて楽しみながら進めていこうと思います。
  • 幸福感、達成感、存在意義、育成の4つの要素については、オネストの現状は、育成 > 存在意義 ≫ 達成感 > 幸福感 となっています。この結果は、他者に気を遣うことが多く、自分自身を思いやることが少ない状況にあるからだと思っています。 これからは他者への気遣いは減らして、もっと楽しいことを選択あるいは見出して幸福感を上げていきたいです。
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「残酷すぎる成功法則」をアマゾンで購入

「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」の教えを実践してみた

今回実践するのは、西尾太氏の著作「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」<アルファポリス>に記載の教えです。

本書の教え

  • 自分が本当にやりたいことをして「楽しく」仕事をしよう。その中で自分だけが生み出せる価値をつくり、その価値を高めよう。

本書のポイント

本書では、ポジションごとに求められている評価基準と年収基準が公開されています。この基準と自分の状況を比較し、自己評価が高すぎないか(低すぎないか)といったこと、すなわち、自分自身を客観的にみる力をつけることが重要です。

このポジションの概要のポイントを記載します。具体的な年収基準については本書でご確認ください。

補助・育成クラス

社会人の基礎を身につけ、チームの一員として仕事をする。指示に基づき業務を遂行できる。

年収基準=〇〇万円~

自己完遂クラス

任された仕事を完遂する。仕事を自己完遂できる。

年収基準=〇〇万円~

チーフクラス

自己の仕事の自己完遂とチームメンバーの支援、指導を行う。3人程度のチームのリーダーとなる。

年収基準=〇〇万円~

プロジェクトリーダー・主任クラス

プロジェクトを率い、目標達成のため進捗管理し成果を出す。5人程度のチームを取りまとめる。

年収基準=〇〇万円~

課長クラス

5~10名のチームの目標設定・計画立案を行い、計数管理を行いながら成果を上げる。チームを率いて組織の結果を出す。

年収基準=〇〇万円~〇〇万円

部長クラス

3年程度の部門戦略を作成し、経営の承認を得てメンバーに示す。責任を負い、複数チームをまとめて結果を出す。

年収基準=〇〇万円~〇〇万円

役員・本部長クラス

組織のビジョンを描き、そこに至る戦略を策定し、経営の承認を得てメンバーに示す。全社に影響を与える重大な責任を負う。

年収基準=〇〇万円~〇〇万円

社長・上級役員クラス

スケールの大きさが問われる。全社全体のビジョンを示し、そこに至る戦略を描く。全社のあらゆる分野における責任を負う。

年収基準=〇〇万円~

今の自分はどこにいる?

本書において評価基準はもっと詳細に記載されています。この基準に照らして自分自身を客観的に評価し、キャリアビジョンやキャリアプランを検討します。

新型コロナウィルスによって社会が変容して、今後、労働市場がジョブ型になるなど6つの変化が想定されます。一般に「ジョブ型」では「仕事の大きさ」で年収が決まります。「仕事の大きさ」を大きくするためには「自分は何のために働くのか」という目的意識(=「ミッション」)を持つことです。

自分の「本当にやりたいこと」を実現するのが年収アップの最短ルートとなります。それは仕事が楽しくなるからです。

これからの働き方はオペレーターオペレーティングマネージャースペシャリストコア人材の4つが想定されます。各働き方で想定される年収も異なります。

給与とは、会社や世の中に提供した価値の対価です。そして、価値とは誰かに喜ばれることです。価値とは「変革・創造」ができることです。この価値を増やせれば給与も増加します。

自分は「何ができる人」なのか、すなわち「何屋さん」なのかを明確にします。「〇〇のことならあの人だ」という「〇〇屋さん」として周囲から認められれば、その人の価値が上がります。

本書には、年収アップの方法だけにとどまらず、仕事をとおして人生をいかに楽しむかについて記載されています。自分のやりたいことをやる、これが豊かな人生への切符なんですね。

やってみたこと

「〇〇のことならオネストだね」と言われるように、自分だけが生み出せる価値の部分(=〇〇)をアピールしたいと考えています。

やってみてわかったこと

年収基準やポジションの評価基準に照らして自分を見つめなおし、今後のキャリアプランに照らして必要となるスキルを抽出しました。オネストは自己評価が低い傾向があるようなので、今後はもう少し自信をもってアピールしていこうと思います。そして、「〇〇のことならオネストだね」と言われるよう、まずはその〇〇の内容やそのアピールの仕方を考えて地道に実践したいと思います。良い結果が現れたら、その実践例とともに紹介したいと思います。乞うご期待。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「人事の超プロが本音で明かすアフターコロナの年収基準」をアマゾンで購入

「まんがで身につく ずるい考え方」の教えを実践してみた

今回実践するのは、木村尚義氏の著作「まんがで身につく ずるい考え方」<あさ出版>に記載の教えです。

本書の教え

  • ”ずるい考え方”の事例をむりやりでも自分の状況にあてはめ、どんどん試そう

本書のポイント

「その手があったか!」というずるい考え方とその使い方を教えてくれる本です。ずるい考え方とは「ラテラルシンキング」とも呼ばれ、最小の力で最高の結果を生み出すために使われます。

本書では次の4つの章に分けてずるい考え方とその事例(事例の内容は本書でご確認ください)が紹介されています。

1.ラテラルシンキングでワクワク感をつくりだせ!

  • 人がものを選ぶ基準:品質やコスパから「ワクワク」に変わってきている
  • 世の中にあるものは非常識から生まれた「新しい常識」から作られている
  • ラテラルシンキングには方法はない、コツはマネをすること。たくさんの事例から「似ているパターン」を考える
●事例
  1. トム・ソーヤーの例
  2. エイビスレンタカーの例
  3. 小林一三(阪急阪神グループの創業者)の例
  4. クリスピークリームドーナツの例
  5. 有名な家具店の例

2.相手が何を考えているか、シンプルに理解すれば、思いどおりに相手を動かせる

  • 相手の気持ちをわかるには相手になりきってしまう
●事例
  1. ケータイ少女漫画の例
  2. アーチェリーの的の例
  3. ホンミャラ人の例
  4. 魔のカーブの例
  5. 着ぐるみシンキングの例
ラテラルの後、ロジカルで

3.高すぎるハードルほど、くぐりやすい

  • 高いハードルが出現したら別の道を探すという選択もある
  • 何らかの状況はそのまま一生同じではなく、変化する
  • 我慢せずに新天地に向かってもよい
●事例
  1. 虎の威を借りる例
  2. アリの行列の例
  3. スティーブ・ジョブズのカリグラファーの例

4.視点を変えられたら一人勝ち

  • 「火中の栗を」拾うことができたら、独り占めできる
  • 「できない」ではなく、「どうしたらできるか」という方法を見つける
●事例
  1. 松下幸之助の例
  2. ジョージ・ルーカスの例
  3. 哲学者ダレスの例

ラテラルシンキングのコツは、事例を無理やりにでも自分の状況にあてはめて、まずは試してみることです。

やってみたこと

本書で紹介されているホンミャラ人の例(=物事の本質を明らかにし、シンプルに説明する)ことを本ブログに当てはめてみました。

やってみてわかったこと

オネストは、これまでの経験をとおして、物事に対する理解が進むと「要は〇〇ということだ。」と一言二言で簡潔に説明できるようになるという感触を持っています。本書に「物事の本質を知ったといえるのは、シンプルに説明できたとき」とありますが、これはまさにオネストが持っている感触と同じことを言っているのだと思います。

ブログの記事を作成するにあたり、この「本質を知り、シンプルに説明する」という点を最も表しているのは「本書の教え」として「何を」「どう」表現するかです。ここの記載は、理想的には著者が書籍の中で最も言いたいことを簡潔に表現することになるかと思います。しかしながら、オネストの書籍内容の理解の甘さやオネスト自身の考え方のバイアスなどによって、まず「何を」の部分が著者の考えとは異なる可能性があります。また、オネストのボキャブラリーの少なさや表現の拙さによって「どう」の部分もうまく伝えきれていない可能性があります。したがって、「本書の教え」の表現はもっとも神経を使い、それを公開するのに毎回恐怖を覚えるのですが、やはり自分なりの考えを表明したいということで思い切って公開しています。

ということで、オネストが書いている「本書の教え」は違っていて、本当はこういうことを言っているんだということがあれば是非ともコメントを頂ければと思います。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「まんがで身につく ずるい考え方」をアマゾンで購入

本書の原書「ずるい考え方 ゼロから始めるラテラルシンキング入門」をアマゾンで購入

『「超」勉強力』の教えを実践してみた

今回実践するのは、テレビコメンテーター、解説者として人気の脳科学者 中野信子氏とニューヨーク州弁護士 山口真由氏の共著『「超」勉強力』<プレジデント社>に記載の教えです。

本書の教え

  • まず全体像をつかもう、そして、ていねいに読もう

本書のポイント

本書は、大きくは【思索編】、【実践編】、【対話】の3部構成となっています。【実践編】には、中野氏と山口氏それぞれの勉強についての考えが記載されています。【実践編】には、両者が行っている具体的な勉強法が記載されています。【対話】には、勉強をテーマに二人の対話が記載されています。

ここでは【思索編】と【実践編】においてオネストが感動した言葉や「なるほど!」と思った事項を紹介します。

【思索編】

中野氏

  • 「己を知る」ことが学びの9割を左右し、自分の成長につながる
  • 読書はイスに座ったまま世界旅行をするようなもの、亡くなった人からも知識を得ることができる
  • 外国語を学ぶ人は同時に日本語を耕す、人を動かすのは言語の運用能力
  • 「苦しいな」と思ったら、生きている証拠

山口氏

  • 「目標」が進むべき道を示す、一生かけて取り組もうと思うテーマを見つける
  • 教科書、参考書もストーリーとして読む
  • 「国語力」はあらゆる勉強の土台となる力

【実践編】

中野氏

  • 「知を得ること」と「知の運用」の両方を行える力を身につける
  • 歴史は歴史上の人物になったつもりで、地理はゴルゴ13の主人公になり世界中を旅しているつもりで、化学では自分が分子になったつもりで、その世界に入り込むイメージ(「自分ごと化」する)で覚えるとエピソード記憶となり忘れにくい
  • 本格的に勉強する前に、薄めのテキストを読み通して全体像をつかむ
  • 全体像をつかんだら、頭の中でエピソード記憶化された知識を有機的に結びつけていく

山口氏

  • すべての勉強の基本は国語力、とりわけインプットのための読解力が最重要
  • 読解力をつけるためには「ていねいに」読むだけ
  • 「網羅性」のある本を選択し、その本を次の要領で7回読む(有名な7回読み勉強法
  1. 章のタイトルや見出しを拾いながら、漢字を拾っていくように流し読む
  2. 3行ずつ斜め読みし、全体像をとらえる
  3. 2回目と同様に流し読みする
  4. 「キーワード」に注目しながら普通のスピードで読む
  5. キーワード間のつながりに注意しながら読み、「要旨」をつかむ
  6. 具体例など細部に目を向けながら読む
  7. 「ここにはこんなことが書かれていたはず」と答え合わせをする感覚で読む
7回読み勉強法実践中

本書にはほかにもいろいろと「今の自分を超える」ために学びを最大化する方法が記載されています。お二人の勉強に対する考えで共通する点としては、国語力が最も重要である、全体像をつかんでから細部に入る、点があると思われます。

また本書には、中野、山口両氏が、周囲に適応できなかったことへどう対応したかについても触れられているので、お子さんがまわりに適応できずに悩んでいる方には参考になったり、勇気づけられたりするのではないかと思います。

やってみたこと

次回紹介する書籍「7日間で手に入れるスタンフォード式ぐっすり睡眠」について7回読み勉強法を実践しました。具体的には、以下のとおりです。

  1. 全体像の把握

1回目はまず章立てや各テーマのタイトルを中心にざっと流し読み、2回目はタイトルなどに加えて段落ごとをひとかたまりとして流し読みしました。3回目も同様にサラサラと流し読みしました。

2. 要旨の把握

4回目は本文中に太字で強調されている箇所をとくに意識しながら普通に読みました。5回目は太字以外の説明文についても注目して読みました。

3. 仕上げ

6回目は図表などに記載のデータにも目を向けて読みました。最後の7回目は、頭の中の記憶と記載内容を照らし合わせるようにして読みました。

やってみてわかったこと

試した書籍はそれほど厚いでなかったのですが、1から3回目は流し読みし、4、5回目は通常速度で読みこみ、6、7回目は答え合わせ感覚で読むということで、7回読むのにはそれなりに時間がかかりました(流し読みに慣れていなかったことも時間がかかった要因の一つではありますが)。

ですが、さすがに7回も読み込んだだけのことはあります。全体を貫くストーリー構成からコラムとして記載されている細かな解説まで面白いように理解できました。全体像を最初に把握できたおかげで、各テーマを読み込むときに全体の中での位置づけや他のテーマとの関係性がわかり、整理された状態で頭の中に入ってくる感覚がありました。また、あるテーマを読んでいる最中に、この次にはこういったことが記載されていたはずだということも記憶の中から自然とでてくるようになりました。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

『「超」勉強力』をアマゾンで購入

「バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる」の教えを実践してみた

今回実践するのは、元日本マイクロソフト社長で書評サイト「HONZ」代表の成毛眞氏の著作「バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる」<SBクリエイティブ>に記載の教えです。

本書の教え

  • バスらせたいなら真剣に書こう

本書のポイント

本書では、読ませる文章の基本とともに、SNSでのバズらせ方が説明されています。

SNSでバズらせたい場合には自分の感情や思考を真剣に書くことが必要となります。この真剣に書くこととは、(i) ある程度長い文章を書く(ii) 書いた文章を推敲する、の2つが要件です。

推敲こそ、書き手の真剣味が問われる

そして、この2つの要件について、本書は、①見た目、②読み手、③誤解回避、④「一行」、⑤共感、⑥買わせる、という6つの観点で説明しています。これら6つの観点でいろいろなヒントが記載されていますが、たとえば、次のようなヒントです。他のヒントや具体的な中身は本書を確認ください。

①見た目

  • SNSは「スマホで読みやすい」見た目にする
  • 漢字は多用しない
  • ワンパターンにしない

②読み手

  • あえて完璧にしない
  • 素性がわからない情報は記載しない
  • イメージを喚起させる

③誤解回避

  • 多様な意味があるときは一意的な意味になるような表現にする
  • 誰でもわかるようにときには言い換える

④「一行」

  • 最初の一行で読み手を引きこむ
  • 文章はテンポよくリズミカルにする

⑤共感

  • 賛否を呼ぶ話題はこそっと入れる
  • ネガティブな話題をしたらポジティブな話もいれる

⑥買わせる

  • まず書く目的を決める
  • 「言わずもがな」もきちんと説明する

本書では各観点について、具体的な文章例を使って説明されています。その文章例をみれば、著者が説明していることが「なんとなくこんな感じかな」と抽象的なイメージとして浅く理解するだけではなく、実感として「こういうことをいっているのか」と深く理解することができます。

やってみたこと

これまでに投稿した記事を推敲し、読みにくい表現を修正したり、追記したりしました。また、スマホの画面で記事を確認し、スマホ上で見やすいように修正しました。

やってみてわかったこと

記事を作成した後に推敲を行い、表現を修正した上で投稿をしているにもかかわらず、改めて文章を読むと何を伝えたいのかわからない表現があることがわかりました。作成時にはあれもこれも伝えたい思いがあったのか、ある記事では不要な情報を盛り込んでいたかと思うと、違う記事では完全に書き手目線で文章を作ってしまい「言わずもがな」だろうと思っていることについては説明しておらず読み手に正しく伝わらない文章になっていたり、、、こうして振り返ってみるとお恥ずかしい記事を投稿していたことがわかりました。

読み手にとって分かりやすいだろうと思って本のポイントを表にまとめていたのですが、スマホではその表を横にスクロースしなければならない面倒くさいことになっていることがわかりました(このため、表の使用はやめて文章で表現しなおしました)。

この推敲作業によって、これまで投稿した記事が少しでも多くの人に読んでもらえるようになったのではないかと思っています。

本書は、オネストにようにインターネット上で伝えたいことを文章で伝える者にとって、間違いなくすばらしい教科書といえます。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「バズる書き方 書く力が、人もお金も引き寄せる」をアマゾンで購入