「センスは脳で磨かれる 仕事ができる人は脳の感度の上げ方を知っている!」の教えを実践してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

今回実践するのは、脳内科医で医学博士の加藤俊徳氏の著作「センスは脳で磨かれる 仕事ができる人は脳の感度の上げ方を知っている!」<クロスメディア・パブリッシング>に記載の教えです。

本書の教え

  • センスは後天的に身につくもの、脳トレで磨きあげよう

本書のポイント

本書はセンスとは何かを説明した上で、センスアップに役立つ脳トレを紹介しています。

センスといっても仕事のセンスやファッションセンスなどいろいろな場面でつかわれており、場面に応じて意味も変化しますが、総じてセンスがよいということは良い意味で使われますよね。

著者はそうしたセンスの特徴として次の五つを挙げています。

  1. 常識や既成概念を壊すところから生まれる
  2. 個性的であり、多様性に富んでいる
  3. アウトプット=表現を前提としている
  4. 感覚と思考の一つの「型」である
  5. ごまかしや嘘が入り込まない

これだけだと意味するところをつかむのは難しいですね。本書は、これらの内容を噛み砕いて解説しているので、興味のある方はぜひ本書にあたってください。

そして、センスを身に着けた人には「先読み」する力がある、臨機応変に対応できるなどの特徴があります。

センスを磨くための脳習慣として、まずセンスアップの基礎としてセンスの良い人とつきあうことや失敗体験を積むということの重要性が紹介された上で、「見る」「聞く」「感じる」「動く」という四つのセンスを上げるための実践的な脳トレが紹介されています。

脳トレは四つのセンスそれぞれで4、5個ずつ計19個紹介されています。たとえば、「動く」センスの脳トレとしては、柔軟体操をして体を柔らかくするなどです。

さらに本書はトレーニングとまではいかないけれど、センスアップのための脳刺激として日常生活で簡単にできる行動を15個紹介しています。この中でオネストが興味を持った脳刺激は次の二つです。

  • 空を見上げて雲の形を面白がる
  • 利き手と反対で歯磨きをする
美的感性、磨いています

このように、センスとは「環境」と「自分の意識」によって身につきます。

仕事の総合的、全体的な能力である「センス」を身に着けたい人にはおすすめの一冊です。

センスがいいね、って最高のほめ言葉ですよね。

やってみたこと

  1. オネストは趣味でランニングを行っているので、「動く」センスを上げるためのトレーニング「柔軟体操」を行っています。
  2. 脳刺激として「空を見上げて雲を観察」してみました。
  3. さらにもう一つ、脳刺激として「利き手ではない手で歯磨き」を行ってみました。

やってみてわかったこと

  1. 柔軟体操として足腰や肩回りを中心にストレッチを常々行ってきたので、身体の動きがスムーズに行えるようになったと感じています。とくに床にあるものを拾うとき、以前だと膝を曲げずに行っていたため、重いものを持ち上げると腰を痛めることがありました。しかし柔軟体操を行ってからは床から持ち上げる際に自然と膝を曲げる動作を行うようになったので腰を痛めることもなくなりました。これも一つのセンスといえるのではないでしょうか。
  2. 雲を観察するのに、久しぶりに空を見上げたような気がします。直接的に何らかのセンスアップに効果があったかはわかりませんが、特に晴れた日にじっくりと雲を見ることは心が晴々するとともに感性が研ぎ澄まされたような感覚がありました。
  3. オネストは右利きなので左手を使って歯磨きをしました。やはり利き手に比べて不器用で、かつ、慣れていないので、磨きたいところをうまくねらえずに何度も磨きなおさなければなりませんでした。本書によるとこれにより普段使っている脳の部分と反対側の部分が活性化するとのことです。ただし、今のところ、センスアップにつながっているかについては実感できていません。

オネストは「センスがいい」人になりたいので、今後も本書に記載されているセンスアップのための脳トレを実施・継続していこうと思います。何か効果を実感できた際には、紹介します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ロゴ.png

もし、皆さんも本書の教えを実践し効果等あった場合にはコメントいただけるとありがたいです。

なお、上記はオネストの個人的な見解を含むものとなっています。すべての方に当てはまるものではないことをご了承ください。

「センスは脳で磨かれる 仕事ができる人は脳の感度の上げ方を知っている!」をアマゾンで購入

     

 

カテゴリー

アーカイブ

コメントを残す

*